イベント概要

データサイエンスはこれまで見えなかった人々の行動や社会の動きを明らかにします。テキストマイニングや 機械学習などの分析手法の発展は、ビッグデータの急速な普及と相まって、従来では不可能であった分析を可能にし、社会科学や医学など様々な分野の研究にも大きな変革を及ぼしつつあります。 データサイエンスの手法を取り入れることによって、これまでにどのような社会への洞察が得られたのか、そして今後期待される新たな知見は何かを検討することを目的として、早稲田大学では、データサイエンスの手法を用いて重要な社会的課題の理解と解決に取り組む研究をご紹介するシンポジウムを1月29日(火)に開催いたします。さらに、1月28日(月)から2月1日(金)にかけての1週間はData Science Week@Wasedaと称して、データサイエンスの手法を学べる無料のワークショップを複数開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしています。(本イベントの使用言語はすべて英語となります。)

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑